老け顔の悩みは深い

私は主婦ですが、まだ下の子供が幼稚園に通っていたころの話です。

最近は高齢出産も多いので、私と同年代のママは多くはなってきますが、それでも若いとは言える年齢ではなかったのです。

特に、幼稚園で、親子揃って遠足の集合写真を撮ったりしますが、ほうれい線や目の下のたるみって写真に正直にうつるのです。

写真を見ると、老け顔の保護者が混ざっているのが、とても目立つのです。

ものすごくショックだったのが、自分の子供がこの集合写真を見ている時に、「ママがいないけどどこ?」って聞かれたのです。

「これだよ。」って自分自信を指差すと、「おばあちゃんみたいだね。」と言われたのです。

確かに、その時の私のほうれい線ははっきりしていました。

目の下のたるみも年齢とともに目立ってきました。

もう子供からみたら、老け顔になっているんだなとしばらく落ち込んでしまいました。

最近では、帽子をかぶって、サングラスをしたりと顔の半分を隠してみたりしています。

老け顔サプリも色々と飲んでみました。

ケアはそれなりにしてきたので、これ以上何をしたらいいのかと、先が見えない感じになっているのです。

子供が他の若いママの子供と一緒に遊べば、その若いママたちと一緒に居なければいけません。

その間中、きっと私の顔を見ているんだろうなと思ってしまうのです。

なんでこの人、シワがすごいのとか、ほうれい線がすごい、シミもといろいろ言われるのかなと勝手に思って、勝手に落ち込んでいるのです。

自分の年齢と容姿を素直に受け入れられにことに、日々、モヤモヤと悩んでいます。

せめて、ほうれい線か目の下のたるみんどちらかが消えればいいと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です